【動画投稿への道:3・4】振り返り(2019/08/04 昼ランクマ)#2

スポンサーリンク

投稿した第五人格-Identity Vプレイ動画の振り返り

動画情報:2019/08/04 昼ランクマ(軍需工場:勝ち)

タイトル画像を追加した第五人格-Identity Vのプレイ動画。

まだ動画編集での振り返り準備ができないことから、まずはブログに振り返り(主に反省点)を書き留めておきます。

00:25~:索敵からのカウボーイチェイス

マップ北東スポーン。軍需工場の場合は特に位置の把握が追い付いていないため、まずは中央3枚板を経由して索敵。

カウボーイが中央を解読していたため、そのままファーストチェイスへ

板前でのバイーン(壁殴り)

焦り、カメラワークによって板裏待機サバイバー狙いの攻撃が壁殴りになってしまっている。

芸者の攻撃判定をもう少し理解しないといけない。

01:00~:板グルポジでの刹那からのカウボーイダウン

適切なポジションでの刹那

中央三枚板の西側(工場北の板グルポジション)での読み合い。

某ランカーさんの動画でよく見る刹那を実践し成功。気持ちいい(*’ω’*)

気持ち見下ろす様なカメラワークにすることで、美智子の入り込むスペースを確認してのスキル発動。

刹那後も冷静に攻撃を当てられたことは、自信につながる経験。

01:20~:カウボーイ吊りからの占い師解読妨害

中央南側の椅子へカウボーイを座らせ、近くで解読していた占い師へちょっかいを出しにいく。

暗号機の確認が不十分

『椅子選びは、解読が進んでいる暗号機の近く』という意識はあるものの、

・ダウンさせた際の周辺(暗号機)の確認

・風船状態での『振りほどかれてしまうまでの時間』について十分理解していない

主に2点から、適当な近い椅子に座らせてしまっているのが実際。

今回については、『暗号機に近い椅子』という1点で座らせた結果、たまたま近くで解読していたというのが事実。

01:42~:占い師負傷救助からのカウボーイ即ダウン

もう少し早めに救助させられる立ち回りをしたい。…占い師を即負傷にするチェイス力を磨くことが一番か。

占い師が危機一髪を持っていなかったことでカウボーイ2吊り目。

02:13~:占い師フクロウ殴りからのカウボーイ荘園送り

フクロウガードは空振りしようと思ったが殴ってしまう。

美智子は右側判定が広い(´・ω・`)殴る前の距離を詰める刹那はGood。

03:04~:探鉱者吊り以降の立ち回り

一人飛ばして暗号機が3台残り。よっぽどミスをしない限り引き分けは確定。

暗号機の確認が疎か

心の余裕からか、暗号機の揺れを全く見ようとしていない。

そのため、調香師が今どこにいるのかを把握できていない。

習慣付けという意味で、こういう時こそ意識をする必要がある。

 

全体を通して…

よかった点

思い描くイメージ通りの刹那

芸者を使用して強くなるためには、やはり刹那スキルの上達が必須。
刹那を決められる知識(パターン)を増やし、実践で狙える時は積極的に挑戦していく。

改善点

サバイバーを殴ったタイミングでの周辺確認不足

殴った時に暗号機の揺れを確認する癖をつけ、それぞれのサバイバーの位置情報を都度確認する。

攻撃判定・範囲の把握

特に板周りで攻撃をする場合、壁殴りをしてしまうことが多い。

カメラワークの問題が多分にあるので、カスタムマッチで練習する。

 

タイトルとURLをコピーしました