【動画投稿への道:2-2】shotcutで動画に隠し線(モザイク)を入れるための備忘録

スポンサーリンク

画像を用意しなくても大丈夫

以前の記事では『画像を使ったモザイク(部分隠し)処理』にて動画作成しました。

しかし、shotcutの機能を使えば画像は不要だということがわかりました。今回はその方法を記録します。

やり方はテキスト追加とほぼ同じ

方法としては、前回の記事で覚えた『テキストの追加』とほとんど同じ内容となります。

『その他を開く』→『色』を選択する

別途ウィンドウが開くので、『色』をクリックします。
色の選択画面になりますので、今回は黒色を選択し、『OK』を押します。
あとで変更が可能なので、とりあえず選択して問題ありません
前の画面に戻るので『OK』を押します。
選択した色のカラーコードが表示されています

作成した『色』をプレイリストに追加する

作業窓の『プレイリスト』を選択し、『+』をクリックするとプレイリストに『色(名前がカラーコード表記ののもの)』が追加されます。

 

『色』タイムラインに追加する

プレイリストに追加された『色』を選択→ドラッグしてタイムラインに追加します。

『色』にフィルタ『サイズと位置』を追加する

タイムラインに追加した『色』を選択し、作業窓の『フィルタ』→『サイズと位置』を選択します。

『サイズと位置』の効果を適用したい場所に来るように設定します。

サバイバーの名前を隠すため、下記のように設定をしました。

 

あとがき

効果としては以前のやり方でも全く問題はありません。

『shotcut』を使っていく中で『選択肢が増える』ということはイコール『編集の幅が広がる』ということなので、いろいろ書き留めていけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました